メリットがある一方、ERP導入のデメリットは?

【フリーランス向け】ERP開発をしよう!

フリーランスエンジニアはERPで稼ぐ!

導入のデメリット

導入のデメリット

ERPを導入することにさまざまなメリットがある一方、導入前に理解しておくべきデメリットもいくつかあります。

種類が多すぎて迷ってしまう

ERP製品は、国内製と海外製のものを合わせるとかなりの種類があります。特徴も製品ごとに異なっていることから、自社の業務に最適なERPを選ぶまでに多くの時間を要する場合があります。説明書や公式サイトが外国語だと、製品の特徴を理解するだけでも時間がかかります。できるだけ時間をかけずに製品を選ぶためには、自社がERPに求めていることを明確にしておく必要があります。パッケージ化されているERPだと、自社では必要としない機能が含まれていたり、機能を追加しなければならないこともあります。追加開発を希望する場合には、追加のコストがかかります。

システムの導入までにコストがかかる

ERPを導入するためには、企業内で多角的な調査を行わなければなりません。製品を選択し、追加機能が必要であれば発注し、社内で調整を行いながら導入準備を進めます。導入の段階になって、ERPに不適合と判断されてしまう場合もあります。コストをできるだけかけない方法を選択したい場合には、オンプレミス型よりもクラウド型のサービスを利用した方がいいでしょう。

セキュリティ対策に対応しなければならない

クラウド型のERPは低コストで使いやすい反面、セキュリティ面の不安があります。重要なデータもすべて自社外で保管することになるため、情報漏洩を完全に防げるかどうかはほとんどベンダー任せです。セキュリティ対策でこまめなアップデートがある場合には対応しなければならないなど、クラウド型ERPは自社のペースでセキュリティ対策ができません。なお、オンプレミス型ERPでも自社におけるセキュリティ対策は必要です。

社内への周知徹底に手間がかかる

ERPを導入することで業務効率化が可能となりますが、使い慣れないうちは効率が落ちてしまう可能性があります。各部署で最適化してきた業務をリセットしなければならない場合、ERPの導入を反対する意見が出る可能性もあります。ERPのメリットを最大限に活かすためには、現場の人々が新しいシステムに適応していく必要があります。データの扱い方などに関する新たなルールを設け、全社員に周知させなければならないかもしれません。ERPは単なる業務効率化だけでなく、経営判断のための重要なデータをまとめる手段でもあります。経営陣は、ERPの重要性に対する認識を深め、説明や指示のために率先して動く必要があります。この点が不十分だと、せっかくERPを導入しても効果を実感できないままになってしまうでしょう。

あなたにおすすめの記事はこちら

  • エンジニアに求められる知識

    ERP開発のエンジニアに求められるのは、ERPパッケージの標準機能やパラメータ設定など、ERPに関する専門知識です。企業独自の業務フローを正確に把握するためには、高いヒアリング力も必要です。国内外に拠点を持つグローバル企業にERPパッケージを導入する場合には、外国語で対応しなければならないこともあります。多くの場合は英語でのやりとりになりますが、高い語学力を必要とする案件はそれほど多くありません。

    エンジニアに求められる知識
  • 総合データベースで一元管理ができる

    ERPのメリットは、企業の基幹業務システムで処理されるデータと業務フローを統合データベースで一元管理できることです。基幹業務システムが連携しているのでデータ集めに時間がかからず、転記ミスも起こりません。ERPと従来の業務システムの違いは、データの管理方法で見極めることができます。ERPの場合はひとつのデータベースで一元管理されますが、従来の業務システムは各部署のシステムごとにデータベースがあります。

    総合データベースで一元管理ができる
  • ERP(企業資源計画)とは

    ERP(Enterprise Resource Planning)とは、日本において「統合基幹業務システム」や「基幹システム」「ERPシステム」「ERPパッケージ」「業務統合パッケージ」などと呼ばれている業務システムのことで、生産管理の手法として知られるMRPに由来するものです。ERPによってバラバラに管理されていた企業の基幹業務が一元化され、余計な手間や人為的ミスを大幅に減らすことができます。

    ERP(企業資源計画)とは