フリーランスのERP案件獲得方法

【フリーランス向け】ERP開発をしよう!

フリーランスエンジニアはERPで稼ぐ!

ERP案件を獲得するには

フリーランスのエンジニアがERP案件を獲得するためには、ERPエンジニアに求められている知識をしっかりと身につけておく必要があります。ERP開発では、システム開発以外の知識も求められます。高単価人材になるためには、高い専門性と語学力を身につけなければなりません。ERP案件探しには、フリーランスエージェントがおすすめです。エージェントを利用すれば、自由な時間を増やしつつ収益性を上げ、安定的に働くことができます。

ERP案件を獲得するには

エンジニアに求められる知識

エンジニアに求められる知識

ERP開発に携わるエンジニアに求められるのは、ITに関する知識だけではありません。ERPパッケージに搭載されている標準機能は、国内外の商習慣を参考に考えられているものです。エンジニアは、ERPパッケージに含まれる基幹業務や業務フローについての理解を深めておく必要があります。グローバル企業に導入するERPの場合は語学力が求められることもありますが、多くの場合簡単な読み書きができる程度の英語力で対応できます。

エージェントを利用して案件を獲得

エージェントを利用して案件を獲得

フリーランスエンジニアがERP案件を探すなら、エンジニアやデザイナーに案件を紹介しているフリーランスエージェントがおすすめです。フリーランスエージェントを利用すれば、営業活動を一切せずにERP案件を受注できます。エンド直請け案件を扱っているエージェントなら、マージンで手取りが多く削られてしまう心配もありません。案件参画中に次の案件を探しておいてもらえるので、空白期間を作ることなく仕事を続けられます。

高単価の人材を目指す

高単価の人材を目指す

フリーランスエンジニアがERP案件を獲得するためには、業務システム開発以外の専門性を高める努力も必要です。高単価の人材を目指す場合、企業の基幹業務に関する深い知識や顧客の業界に関する知識、語学力などが求められます。日本では、SAP社とOracle社のERPパッケージが人気を集めたこともありましたが、中小企業などにもERPの導入が進むようになり、低コストで工期が短いERPパッケージも注目されています。

あなたにおすすめの記事はこちら

  • エンジニアに求められる知識

    ERP開発のエンジニアに求められるのは、ERPパッケージの標準機能やパラメータ設定など、ERPに関する専門知識です。企業独自の業務フローを正確に把握するためには、高いヒアリング力も必要です。国内外に拠点を持つグローバル企業にERPパッケージを導入する場合には、外国語で対応しなければならないこともあります。多くの場合は英語でのやりとりになりますが、高い語学力を必要とする案件はそれほど多くありません。

    エンジニアに求められる知識
  • 総合データベースで一元管理ができる

    ERPのメリットは、企業の基幹業務システムで処理されるデータと業務フローを統合データベースで一元管理できることです。基幹業務システムが連携しているのでデータ集めに時間がかからず、転記ミスも起こりません。ERPと従来の業務システムの違いは、データの管理方法で見極めることができます。ERPの場合はひとつのデータベースで一元管理されますが、従来の業務システムは各部署のシステムごとにデータベースがあります。

    総合データベースで一元管理ができる
  • ERP(企業資源計画)とは

    ERP(Enterprise Resource Planning)とは、日本において「統合基幹業務システム」や「基幹システム」「ERPシステム」「ERPパッケージ」「業務統合パッケージ」などと呼ばれている業務システムのことで、生産管理の手法として知られるMRPに由来するものです。ERPによってバラバラに管理されていた企業の基幹業務が一元化され、余計な手間や人為的ミスを大幅に減らすことができます。

    ERP(企業資源計画)とは