ERP導入のメリット

【フリーランス向け】ERP開発をしよう!

フリーランスエンジニアはERPで稼ぐ!

導入のメリット

ERPの導入には多くのメリットがあります。統合データベースで一元管理することで、従来の業務システムを使用する際にかかっていた手間を大幅に削減できます。経営管理がリアルタイムで見える化されるので、的確な経営判断ができるようにもなります。ERPパッケージを導入すれば、自社開発ほどのコストをかけず、最小限のリスクで業務効率化を進めることができます。ERPのメリットだけに注目せず、デメリットについて理解しておくことも大切です。

導入のメリット

総合データベースで一元管理ができる

総合データベースで一元管理ができる

ERPのメリットは、統合データベースでデータを一元管理すると同時に、業務フローも一元管理できることです。一度データを入力すれば関連するすべての部分にすぐ反映されるため、転記の際の入力ミスが起こりません。修正の必要が生じたとしても1カ所修正すればいいだけなので、データの正確性を保つことが容易になります。ERPと従来の業務システムの違いは、データベースが統合されているかそうでないかで見極めることができます。

経営管理が「リアルタイム」で「見える化」できる

経営管理が「リアルタイム」で「見える化」できる

ERPの導入によるメリットは、「会計」「人事」「生産」「物流」「販売」などの主な基幹業務で扱われるデータの一元化による業務効率化だけではありません。ERPの導入によってあらゆる数値がリアルタイムで反映されるようになるので、経営者が経営判断を下すために必要な情報もリアルタイムで入手できるようになります。管理会計についてもタイムリーな数値が見える化されるため、企業全体を最適化させるために必要な情報が瞬時にわかります。

パッケージの「開発コスト削減」と「セキュリティの信頼性」

パッケージの「開発コスト削減」と「セキュリティの信頼性」

ERPパッケージを導入することは、多くの企業にとって自社開発よりもメリットがあります。パッケージには標準的な業務システムが組み込まれているので、自社開発に膨大な時間をかけることなく業務効率化を図れます。ERPパッケージは機密情報を扱うシステムなので、セキュリティ面も万全です。企業内のデータが統合されてさまざまな業務が自動化されれば、情報システム部の負担は軽くなり、リソースを別に振り分けることができるようになります。

導入のデメリット

導入のデメリット

ERPを導入することにはメリットがある一方、デメリットもあります。導入すると決めたものの、製品の種類が多すぎてなかなか決められない場合があります。導入までには時間とコストもかかります。クラウド型は便利ですが、セキュリティに関して利用する側ができることは多くありません。ERPの導入にあたり、現場への周知徹底も課題となります。経営陣がERPに対する認識を深め、率先して説明や指示を出していくことが大切です。

あなたにおすすめの記事はこちら

  • エンジニアに求められる知識

    ERP開発のエンジニアに求められるのは、ERPパッケージの標準機能やパラメータ設定など、ERPに関する専門知識です。企業独自の業務フローを正確に把握するためには、高いヒアリング力も必要です。国内外に拠点を持つグローバル企業にERPパッケージを導入する場合には、外国語で対応しなければならないこともあります。多くの場合は英語でのやりとりになりますが、高い語学力を必要とする案件はそれほど多くありません。

    エンジニアに求められる知識
  • 総合データベースで一元管理ができる

    ERPのメリットは、企業の基幹業務システムで処理されるデータと業務フローを統合データベースで一元管理できることです。基幹業務システムが連携しているのでデータ集めに時間がかからず、転記ミスも起こりません。ERPと従来の業務システムの違いは、データの管理方法で見極めることができます。ERPの場合はひとつのデータベースで一元管理されますが、従来の業務システムは各部署のシステムごとにデータベースがあります。

    総合データベースで一元管理ができる
  • ERP(企業資源計画)とは

    ERP(Enterprise Resource Planning)とは、日本において「統合基幹業務システム」や「基幹システム」「ERPシステム」「ERPパッケージ」「業務統合パッケージ」などと呼ばれている業務システムのことで、生産管理の手法として知られるMRPに由来するものです。ERPによってバラバラに管理されていた企業の基幹業務が一元化され、余計な手間や人為的ミスを大幅に減らすことができます。

    ERP(企業資源計画)とは